沖縄からうた開き!うたの日コンサート

うたの日Q&A

ーうたの日って何ですか?
うたに感謝する日
そばの日やゴーヤの日がある様にうたの日もあるのです。

ーうたの日はいつ?
六月二十四日
沖縄では六月二十三日を戦争が終わった日(慰霊の日)として迎えます。 俺は戦争がいつ始まっていつ終わったかをとやかく言う気はないけれど、かつて歌の島沖縄が歌い踊ることさえ禁止された時代があった事。 だけどやっぱり島人は我慢できず山の中や防空壕の中で小さな声だけど、歌い踊り続けていたという事を子供たちに伝え易くする為に、あえて慰霊の日の翌日を歌が開放された日“うたの日”として位置付けました。

ーうたの日は反戦運動か?
違います
そもそも歌と戦争を比較すること自体おかしな事だと思うし無理やり関係付けるとしたら、戦争が川で歌は海みたいな感じかな。いや歌が海なら戦争は公園の噴水くらいなものだろう。自然に交わる事はないし誰かが噴水の水を海に運んだところでどうにもならない。だから遠慮しないで沖縄の米兵達もどんどんうたの日に参加してください。

ーうたの日とうたの日コンサートの違いは?
う〜ん 日にちが違います
例えれば、うたの日は結婚式、うたの日コンサートは結婚披露宴みたいな感じでしょうか。 だけど本当の意味で“うた”を祝い“うた”に感謝を捧げるのなら、一時間でも一分でもいいから世界中の“うた”を止めて休ませてあげた方が良いと思うけど、でもやっぱり俺は我慢できずに歌い出すと思うから、毎日が『うたの日』だと思って暮らして行きたいと思います。
ちなみにうたの日コンサートは、毎年六月二十四日以降の土曜日か日曜日です。
平日だと子供達も来れないし、沖縄県外から参加してくれるみんなもいてくれるのでそうしました。

ーうたの日と宗教の関係は?
ありません
まず“うた”を神様だとは思っていません。“うた”は“うた”です。“うた”だから人種を越え国籍を越え宗教を越えて全ての人々へ寄り添っていられると思いませんか? ちなみに俺は沖縄の昔ながらの祖先崇拝です。実家に帰る度、仏壇に線香を立て正座し手を合わせ、そして神様にではなく亡くなったじーさんやばーさんに声をかけます。 これも立派な宗教だと思いますが、対象がご先祖様なので、俺はゴスペルでもなんでも遠慮なく歌えますよ。